アレっ子のおでかけ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレっ子のおでかけ

食物アレルギーがあってもおでかけしやすい場所をまとめたブログです。お弁当情報も!

上野 国立科学博物館(科博)

f:id:allergy-odekake:20161125122001j:plain

東京・上野というとパンダが有名ですが、
実は文化的施設の多い文化の街でもあります。


芸術の雄、東京藝大をはじめ、
上野の森美術館東京国立博物館東博)、
上野文化会館や国立西洋美術館など、
挙げればきりがないほどです。


そんな中でもチビっ子にオススメなのが「かはく」です。

「かはく」って?

国立科学博物館の通称、「科博」です。
自分で「そう呼んで!」って言っているようなので、
せっかくだからそう呼んであげましょう(笑)


こちらはその名のとおり、博物館です。
上の写真のように動物の剥製が大量にあったり(ド迫力!)、
色々な植物の標本やらジオラマやら何やらが、
1日では見きれないほどたくさんあります。
さすが国立!


ちなみに学校の遠足でもよく使われているので、
平日昼間でも意外と混んでいます。
もっとも、学生がいるのは展示室が主なので、
以下のオススメスポットにはあまりいません。


オススメスポットは?

小さいお子さんがいるなら、
間違いなく「コンパス」でしょう。

f:id:allergy-odekake:20161125122302j:plain

こちらは剥製に触ったり、標本を間近に手に取ったりして、
遊びながら学べる場所となっています。


まーぶっちゃけ、ほとんどプレイスペースですね(笑)
けっこう広いし、身体も動かせるので、
展示に飽きてしまったお子さんにはピッタリです。


時間ごとの入れ替え・整理券制なので、
事前に整理券をもらっておく必要があります。
平日はそこそこ取れますが、
人気なようで土日はなかなか厳しいです。
土日に行きたい方は早めに動いた方がいいでしょう。


もう1つ、「360°シアター」がオススメです。
こちらは球体の内側がスクリーンになっており、
中で浮遊感を感じながら映像を楽しむことができます。


暗くなるのと、映像が動いて浮遊感を感じるので、
もしかしたら小さいお子さんには不向きかもしれません。
(チビ太は大好きですが)


お弁当スポットは?

日本館地下1階に「ラウンジ」があるので、
そこで飲食が可能です。
ちゃんとイスとテーブルがありますよ!(ありがたい!)
カフェも併設されています。


もちろん、展示室内では飲食禁止です!